秘書職の募集要項を探しているなら注目|必要なスキルを知っておこう

最新記事一覧

基本を知っておく

レディ

初心者の基礎知識

これから秘書を目指す場合には、秘書はどのような仕事か知っておく必要があります。秘書の仕事といっても、業種によりその仕事内容は異なりますので、それぞれ仕事内容の違いを知っておきましょう。まず、一般企業の社長秘書を募集している場合ですが、社長のスケジュール管理だけでなく、出張の管理や来客時の接待、事務仕事もあります。募集内容も会社により異なるため、よく確認をしておくことが必要になるでしょう。大きな企業であれば、社長の側で仕事をすることが多くなりますが、役員の専属として働くこともあります。また、中小企業でも忙しい社長は秘書を雇うことも珍しくはありません。次に、弁護士秘書を募集している場合には、法律に関する仕事内容も多くなります。具体的には、法律の書類作成や相談内容の記録です。一般企業の社長秘書とは異なり、専門知識を必要とされるため、法律の知識がある人が優遇される傾向が強くなります。ですが、法律に関する資格を取得していることは必要としない法律事務所が多いです。医療秘書は、さまざまな形態があり、どこの病院に配属されるかによっても大きく異なります。一般企業の社長秘書のようにスケジュール管理や事務仕事などがメインのところもあれば、カルテ管理やカルテをパソコンに入力する作業、受付が足りないときには受付業務を行うことも少なくありません。医療に関する知識や興味はあった方がいいですが、医療に関する資格を募集条件としていない医療機関が多いです。